拘りのオーディオを車にも

 

デジタル音源が多様化して、昔に比べて今は非常に気軽に音楽が楽しめるようになりました。それも非常に高い音質のものがとても身近に得られるようになりました。自宅だけでなく電車の中でもオフィスでも学校でも、あらゆる生活シーンに音楽は入り込んでいます。当然のことながら、車を運転している時でもいい音に拘っていきたいですよね。自動車は自宅や電車の中とは全く異なって、自分の大好きな音楽を自分一人で、それなりの大音量で楽しむことが可能な空間です。確かに走行音や振動など音楽を楽しむという観点から言えばあまりいい条件ではないのですが、再生機器やスピーカーの性能向上によって、今やそうしたネガティブな状況はあまり気にしなくてもよくなったと言えるでしょう。ですから拘りの音を求めて、カーオーディオシステムを充実させようとする人は非常に増えています。腹の底に響くような超重低音用のバス・スピーカーをトランクに、後席左右には重低音用の大型スピーカーを、前後左右のドアには中音用のメインスピーカー、そしてダッシュボード左右には高音用のツイーターを、これらの多くのスピーカーに十分な出力を与える高機能アンプに、大型液晶パネルを搭載した華やかなプレーヤーを装備すれば、あなたの車はあなただけのコンサートアリーナに生まれ変わるのです。

 

コメントは受け付けていません。